ゴールドカードがチラッと見える

お財布を開けたらゴールドカードがチラッと見える・・・。
クレジットカードなんてセレブなんでしょう。夢のような光景です。
私はよくクレジットカードを利用しているのですが、以前お金がかなりピンチの時があったんですよ。この時は、それまで勤めていた会社を辞めることになり次の仕事を探していたんですがこれが中々見つからなくて困っていたんです。やっぱりこういう時って、出費が気になりますよね。食費にはあまりお金をかけられず、体もかなり痩せてきていました。そんな時にスーパーの店中で「あ、カードで支払えば良いんだ」ということに気付いたんです。それまでは何故かインターネットでしか利用していなかったので、こういう店では使ったことがなかったんですよ。でもこの事に気付いた時は嬉しかったですし、ほっとしましたね。久しぶりに好きなものを食べることができますから。そして当時の自分にとっては結構ご馳走と言える量の食材を購入することができました。この時は本当に心からカードに感謝しました。その後は一週間に何日かはスーパーに行ってはカードで支払うようになりましたね。おかげで体調も元に戻ることができましたし、次の仕事も見つけることができました。クレジットカードは使い方を気を付けないといけないですがここをしっかりと守っていれば、本当にピンチの時には心強い味方になってくれると思います。これからもあの時助けてくれた事にも感謝しながら、時々利用していきたいと思いますね。

深夜でもキャッシングで

今日は夜遅くの時間にお金が必要になったのですが、銀行や大手の消費者金融のカードローンの審査は通りませんでした。審査に通らなかった理由は教えてはくれませんが、多分以前にクレジットカードのキャッシングで返済の滞りを出してしまったことがあるのが原因だと思います。クレジットカードのキャッシングも枠を取り消されてしまっています。でもそれはもう5年以上前の話なのです。金融機関のブラックリストの有効期限は5年と聞いているのですが、まだ私の情報は残っているみたいですね。個人信用情報機関というところに自分の情報の開示請求ができるらしいのですが、そんな事をしても借りられないことには変わりはないのでやめておきます。それよりもどこか深夜でもキャッシングでお金を貸してくれるところを探さないと、と思い色々と探してみました。大手の消費者金融以外にもカードローンを提供している消費者金融は結構あることを知りました。カードローンといえば、アコムとかレイクとかモビットとかしか知りませんでしたが、それ以外にも沢山あります。大手よりも審査の基準は緩やかなようですし、キャッシング深夜でも申込み可能なので一度申し込んでみようかなと思っています。金利は多分少し高いのかもしれませんが、背に腹は変えられないとはこのことでしょう。

即日でお金が必要な場合は

カードローンの申し込みをする方法には、WEB契約、店頭契約、郵送契約の三種類の方法があります。WEB契約とはインターネットから申し込みをして審査を受けます。金融機関によっても変わってきますが審査報告などもインターネット上で確認ができるところもあります。審査に通過すると契約書とカードローン用のキャッシュカードを郵送で送ってきます。その書類に必要事項を記入して必要書類と一緒に返送すると契約の完了です。必要書類とは本人確認書類で免許証やパスポート、保険証などといった本人を確認できる物の事です。外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は「外国人登録証明書」を含む)をあわせてご用意する必要があります。また一定額以上の借入をする場合には収入証明書も必要になります。収入証明書は源泉徴収票・確定申告書・給与明細書などのことです。
店頭契約の場合はこの必要書類を持っていくと即日融資で契約が出来、すぐにカードを発行してくれます。WEB契約の場合はカードが届くまでに時間がかかるため、即日でお金が必要な場合は口座に振り込んでもらえる場合もありますので確認してみましょう。

ゴルフバックの購入

ゴルフバックの購入は、結構クレジットカードが役に立ちました。社会人になってからゴルフを始めたのですが、当社は先輩のお下がりを使用していました。しかし、腕が上達するに連れて新しいゴルフセットが欲しいと感じるようになり、購入することにしました。有名ブランドのゴルフセットということもあり、諸々を含めると15万円程度となってしまいましたが、一度購入すれば長く使用できるので購入することにしました。現金の持ち合わせは無かったので、クレジットカードで購入し、分割で支払うことにしました。返済時には月々の生活が少々苦しくなりましたが、購入して良かったと感じています。”

マイルとカード

「マイルを貯めている」と言う話をよく聞くようになりました。飛行機を利用するとマイルと言うポイントがたまり、無料航空券と交換できるシステムがあります。航空会社の飛行機の利用者を増やそうとした計画なのは知っていたが、初めて聞いたときにこれほど普及するなど思っていなかったのだ。航空会社とクレジットカードの会社が提携し、クレジットカードを利用しても参るがたまるようになるなど、誰が予測できたでしょうか。全く興味がなかった私とは対照的に、クレジットカードとエアラインカードでせっせとマイルをためていた友人は、グアムの往復航空券をマイルと交換で手に入れたのです。まさか、たまったマイルで、そんなことまでできるなど露にも考えなかった私はエアラインカードなど作っておらず、大変悔しい思いをしました。

まとめ買い

私の住んでる町には空港が隣接してるのですが、この空港の近くに輸入物を取り扱うショップがあります。ショップと言うよりも半分は倉庫のような感じで、コンテナで運ばれてきた多くの商品を即売するようなお店なのです。

町中まで商品を運んで綺麗な店構えと従業員を何人も雇うことにより、もっと売り上げを上げることは可能だと思うのですが、それよりも手間をかけずに格安で大量販売するのが目的のお店なので、私にはとても合っているのです。

そこでのお目当てはお菓子類です。私の好きな外国産のチョコレートのブランドがあって、これだけは他のメーカーが真似することができないのです。国内のメーカーのチョコレートはエアー入りのサクサク感などがお見事ですが、チョコレート本来の味わいでは外国ものが上だと思います。

この輸入品の販売ショップはクレジットカード決済が可能なので、いつも行った時にはまとめ買いをするようにしています。品揃えは決まっておらず、お目当ての商品だったとしても来月来た時には売り切れの可能性があります。

ケチャップやマヨネーズ、トマトソース、スパゲッティなどの食料品も相当に安いので、これからは更に大量に買い込むことにします。今後は食料品の大半をクレジットカードで決済する予定です。

海外でクレジットカードを

クレジットカードを持っていて良かったなと思った時が、海外へ旅行へ行く時だ。
現金だけだともしかしたら足りなくなってしまう事が出てくるかもしれない。
それに、逆に多く両替をし過ぎると今度は現地の通貨が余ってしまい、それを円にまた換金するとなると手数料を取られてかなり損する事になる。
しかし、クレジットカードの場合はまずお金がない!となる事はないし、手数料も現金を換金するよりも安くつくのだ。
そして、現金を大量に持っていると財布も厚くなって重いが、カードだけを持ち歩くようにすると本当に身軽に動ける。
特に女性は荷物が多いから、カードだけにするとかなり荷物がすっきりする。

更に、海外でクレジットカードを使って何かを購入するとほとんどのクレジットカード会社はポイントシステムを提供しているので、そのポイントを貯めて何か景品と交換したり、楽天カードであれば楽天市場での買物ができるようになるのだから使えば使うほどお得となる。
それに、航空会社のクレジットカードにすればマイルに交換できるので、それでまた旅行に行く事もできるので、クレジットカードを持つ事は現金で買物をするよりもお得だ。
但し、使い過ぎてカード破産しないように、きちんと管理する事も大切だ。

結構良いクレジットカード

最近リクルートカードを作りました。

私は今、半分ニートみたいな感じで
一応肩書はフリーランスのwebデザイナーなんですが
相当不安定な身分なので審査が通るのか不安でした。
ですが無事に審査は通りました。

リクルートカードはリクルートポイントというのが貯まります。
私はヘアサロンはいつもホットペッパービューティーで見つけた所を利用しているので
そこでリクルートポイントが使えるのがかなり助かります。
月に1回くらい行っているのでポイントが失効することもほぼないと思いますしね。

でもそれ以外でのリクルートポイントの使い道ってあまりないかもしれません…。
じゃらんやホットペッパーで使えたりしますけど
私は旅行も外食もあまりしないので意味無いですね…。
ポンパレモールという楽天に似たショッピングサイトはあるんですが
品揃えがまだ悪いですね。
送料もかかる店が多いですし、まだ発展途上という感じです。

でも本を買う時はお得かもしれません。
本は送料無料が多いです。
それで5%くらいポイントも貯まりますし
また、それ以上にポイントがつくサービスをやっている期間もありますから
次からは本はポンパレモールで買おうかなあと思ってます。

まあ、なんだかんだで、自分にとっては結構良いクレジットカードです。
これからもメインで使っていくと思います。

クレジットカードの利用状況を記録していく

去年のことですがクレジットカードの会社から、カードの利用明細が送られてきました。その月だけは利用明細とは別にもう一つの封筒も送られてきました。そこに書かれていたのは、クレジットカードの利用明細を毎月送付するサービスを今年いっぱいで終了するというものでした。

私としては、クレジットカードの利用状況を記録していくという意味でも明細書は必要なのです。来年からは自分でPDFファイルをプリントする必要があるようです。

エコのために無駄な紙を使用しないというキャンペーンのようですが、私と同じように低収入クレジットカード紙の明細書が欲しい人は沢山いると思うのです。そして、いつも思うのはクレジットカードの明細書に同封されてくる広告です。

明細書は一枚なのに広告は十枚ほど折り曲げられて入っているのです。この広告に使う紙がかなりの無駄だと思うのです。企業側は売り上げを歩けるためには広告費をどんどん追加していけると思うので、広告に使うチラシのエコについては全く考えていないようです。

このような事は、今回のクレジットカード会社に限ったことではないのですが、新たに生命保険に加入させようとかグループ系列の他の広告を大量に入れるのはとても疲れるので止めて欲しいと思うのです。

こんなに早くお金を借りられるとは

お金が厳しい生活というのは非常に窮屈で余裕がありません。これまで何度も金欠を経験してきたので、この辛さは理解していました。しかしまた同じことを繰り返してしまったのです。ブランド物のコートがつい欲しくなってしまい、生活費のお金で支払いを行いました。

そうなると当たり前ですが生活費が足りなくなります。今回はこれまでの金欠よりもさらに厳しい状況で、数百円しか残金がありませんでした。ですから今すぐにでも生活費を得る手段を探すしかありません。しかしそんな都合の良い方法があるのかと暗い気持ちで探していると、頭に浮かんできたのがキャッシングだったのです。

キャッシングはよくテレビのコマーシャルで拝見しています。また駅前に店舗があることは知っていましたがもちろん入店したことはありません。頼れるのはこれしかないと思った私は、キャッシングのお店へと駆け込みます。するとそこにはATMのような機械が設置してありまして、どうやらこれで申込みを行うようです。

画面の指示通りに入力を行いまして審査となります。それから3時間程となった段階で審査は終わったようで、お金を借り入れすることができるようになりました。まさかこんなに早くお金を借りられるとは思っていなかったので、非常に助かりました。

クレジットカードの節約術

クレジットカードの節約術で、もっともよく知られているのが、光熱費・通信費などの公共料金をクレジットカード払いにする方法です。
勝手に放置しているだけでも毎月引落しになり、それに応じてポイントもつくので、年間にすると、かなりの額が貯まります。
ですから、よく寝ていても得する最高の節約術といわれたりするのですが、最近とうとう家賃もクレジットカード払いができるようになって、さらに大量のポイントをゲットするチャンスが到来しました。
というのも、家賃は、光熱費・通信費よりもはるかに大きな出費になるからです。総務省の家計調査を見ても、光熱費が総世帯平均で2万円前後、通信費は1万円前後の合わせて3万円ほどになります。一人暮らし勤労世帯に限れば1万7000円強というのが実情です。
しかし、家賃は、地域によって格差はありますが、首都圏郊外でも一人暮らし向け1LDKで月7万円台というのが一般的です。電気代より携帯料金よりも家賃ははるかに大きい出費なのです。ですから、この家賃をクレジットカード払いにできれば、ポイントをこれまで以上に貯めることができるわけです。まずは支払いに使うクレジットカード即日発行して作り、生活費の支払いに活用しましょう。
クレジットカードをしっかりと活用していくことでポイントを簡単にためることができます。